マルチチャンネル分光器

ホーム > 光学機器 > 分光器 > HSU-100F

トピック

連絡先

  • 東京本社/営業部
    TEL:03-3909-1151
    FAX:03-3909-1152
  • 東日本営業所
    TEL:0287-37-4763
    FAX:0287-37-4001
  • 大阪営業所
    TEL:06-4807-1777
    FAX:06-4807-1778

■マルチチャンネル分光ユニット 低ノイズタイプ

HSU-100Fとは

紫外〜近赤外(250〜1000nm)まで広い波長をカバーし、簡単かつ迅速に分光測定できるマルチチャンネル分光器です。
測定ユニットとの組み合わせにより、透過率測定や反射率測定などができます。

特長

  • 瞬時にすばやく、分光測定
  • 250〜1000nmのワイドレンジで測定が可能
  • シャッターを内蔵しているため、マルチチャンネル分光器としては精度の高い測定が可能
  • ファイバー受光により、自由なレイアウトで計測が可能
  • ツータッチ以内で簡単に測定
  • USBの採用によりプラグアンドプレイで、外部制御可能
  • 移動に便利な小型ボディー

用途

  • 各種材料開発
  • 光源・発光体
  • 顕微鏡
  • 蛍光
  • 化粧品
  • LED
  • 食品
  • 植物
  • 昆虫
  • 農作物

など

概要

サンプル光をファイバーで受光し、本体内の分光器に取り込んで測定を行います。 測定サンプルや測定方法など目的に応じた測定ユニットと組み合わせることで、最適な測定環境の構築が可能です。
「広い波長レンジで簡単にすばやく分光測定したい。」というニーズに最適です。

光学系

クロスドツェルニーターナー型の採用で瞬時にすばやい測定が可能

光学系には、クロスドツェルニーターナー型を採用しています。これにより、コンパクトサイズで高精度な測定を可能にしています。 受光素子には、ラインセンサを使用しており、瞬時にすばやく測定することができます。

ソフトウェア

分かりやすく使いやすいシンプルな操作性

応用例

透過測定


反射測定(5°)


分光分布測定


構成・付属品

  • 本体
  • ファイバー (1m)
  • USBケーブル (2m)
  • ACアダプタ
  • ソフトウェア CD-ROM
  • 取扱説明書
  • ほか

※PCが別途必要

■オプションアクセサリー ※特注対応も承ります。

透過測定ユニット

適応サンプル:φ28〜50mm、□28〜50mm、t1〜20mm
ビーム径:約φ6mm

5°反射測定ユニット

適応サンプル:φ38〜100mm(φ20mm〜オプション対応可)

<オプション>
・高反射基準板
・低反射基準板
・ライトガイド(反射測定ユニット用)

光源

ご希望の測定波長やサンプルに応じてお選びいただけます。

ハロゲン光源


FHL-102

可視〜近赤外域(400〜1100nm)において安定性の良い光を得ることができます。

キセノン光源


LAX-C100

紫外〜近赤外域(250〜1100nm)において明るい光を得ることができます。

■製品仕様

型式 HSU-100F
分光方式 クロスドツェルニーターナー型
焦点距離(f) 100mm
波長範囲 250〜1000nm
分解能 4.1〜6nm
(スリット0.1mm、546.1nm) ※スムージング処理なしの時
波長精度 ±1.2nm
波長再現性 ±0.6nm
受光素子 NMOS リニアイメージセンサ 1024素子
露光時間 20ms〜30s
積算回数 1〜15回
インターフェース USB2.0、12Mbps (Full speed)
入力電圧 定格DC5V
ACアダプタ入力範囲 AC100-120V 50/60Hz
皮相電力 13VA以下 ※AC100V入力/50Hz時
使用環境 温度 推奨25℃ (10〜35℃) *1
湿度 70%以下 ※結露なきこと
寸法 80(W)×165(D)×144(H)mm ※突起物を除く
重量 1.9kg
ソフトウェアの動作環境 Windows7 (32bit/64bit) 日本語版、
Windows8.1 (32bit/64bit) 日本語版、
Windows10 (32bit/64bit) 日本語版

*1 上限付近の温度下で使用する場合、露光時間によっては測定出来ないことがあります。

※製品仕様、アプリケーション等は改良のため、予告なく変更することがございます。ご了承ください。

Copyright(c) 2006 Asahi Spectra Co.,Ltd. All Rights Reserved